1. ホーム >
  2. 光化学オキシダント・PM2.5について >
  3. 光化学オキシダント・PM2.5の生成メカニズムについて

光化学オキシダント・PM2.5の生成メカニズムについて

光化学オキシダントは、大気中に排出された窒素酸化物(NOx)や揮発性有機化合物(VOC)が、太陽光(紫外線)を受けて二次生成されます。
PM2.5などの粒子状物質は、生成機構により、発生源から直接粒子として排出される「一次粒子」と、排出された時は気体であるが、大気中で化学反応などによって粒子化する「二次生成粒子」とに大別されます。「二次生成粒子」は、ガス状のNOxや硫黄酸化物(SOx)、VOC等が大気中で化学反応により粒子化したものです。
また、原因物質の発生源は、人為起源と自然起源によるものに分類されます。人為起源としては、ボイラー等のばい煙を発生する施設、自動車や船舶の使用、溶剤・塗料の使用、ガソリンの給油など、多種多様な発生源があります。自然起源としては、火山活動や黄砂のほか、植物などがあります。
また、光化学オキシダントやPM2.5は移流するため、広域的な対策が必要になります。そのため、九都県市で連携して対策に取り組んでいます。

光化学スモッグの景色
東京都ホームページより



神奈川県公害防止推進協議会より

出典

東京都ホームページ
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/air_pollution/torikumi/pm2_5/pm2_5.html
神奈川県公害防止推進協議会作成 PM2.5リーフレット
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/pf7/pm/documents/908903.pdf

このページのトップへ