国の取組

自動車排出ガス対策(単体規制)

日本では、自動車個別の発生源対策として自動車排出ガスに含まれる大気汚染物質について、昭和48年から自動車1台ごとの排出規制を開始し、年々強化してきました。

自動車排出ガス規制の経緯(ディーゼル重量車)

ディーゼル自動車の排出ガス(NOx)規制の推移 トラック・バス重量車

自動車NOx・PM法による大都市地域に対する自動車排出ガス対策

大都市地域における窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)による大気汚染対策として、国は、自動車NOx・PM法に基づきNOxやPM等の排出量が、より少ない車を使用するよう「車種規制」を実施しています。
車種規制とは、自動車NOx・PM法の適用対象として指定された「対策地域」に使用の本拠の位置を有するトラック、バス、ディーゼル乗用車及びそれらをベースに改造した特種自動車に関して、国が定めるNOx及びPM排出基準に適合しない自動車の使用を規制する制度です。

自動車NOx・PM法による大都市地域に対する自動車排出ガス対策
  車種規制の概要
対策地域 8都府県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、三重県、大阪府およ及び兵庫県)の一部の地域
排出規制物質 NOx、PM
規制開始年月 平成14年10月
規制の内容 新規登録:平成14年10月から
使用過程車:平成15年10月から排出ガス基準に適合しない車は、対策地域内では、車検に通らない。
ただし、原則として初度登録から車種に応じ8〜12年間の猶予期間がある。
対象自動車 対策地域内に使用の本拠の位置がある自動車
対象車種 トラック、バス、特種(乗用車ベースはディーゼル車のみ)
※ 燃料の種類は問わない
ディーゼル乗用車
規制値 NOx
長期規制値並
PM
3.5トン超:長期規制値並
3.5トン以下:新短期規制の1/2
規制の担保手段 車検
罰則 6月以下の懲役または30万円以下の罰金

自動車NOx・PM法対策地域

自動車NOx・PM法対策地域

このページのトップへ